[ 2018.11.12 : note]

[続きを読む]

2018 晩秋


20181112_143328546_20181112143405[235].jpg


anjico個展まで、1か月を切りました。
今は素焼きをしています。

発送の日から逆算して、窯焚き(3回)の日、素焼きの日を割り出して、いつまでに化粧掛けをして、つくりはこの辺りまで、というようにだいたいのスケジュールを組み、製作期間中はギリギリまで何を作るか、今何を見てほしいかを考えながら作りまくります。
頭と身体をフル回転する、時々楽しく、とても苦しい期間。

それが終わり、今少し解放されています。素焼きして、釉掛けして、窯詰めして、、、とタイトなスケジュールですが、何を作るかを考えることから解放されるのが、孫悟空の頭の輪っかから解放されたような爽快感。
あの輪っか、緊こ児(きんこじ)というんですね。ネットで調べても、あああーーーとはならなかった。

写真は素焼きの窯詰めまえで、差し棚には作品がほぼいっぱい。
以前の工房は小さかったので、個展前になると品物が入りきらず、自宅に運び込んだりしていたので、今は差し棚も増え、ずいぶん仕事しやすくなりました。

環境が変わり、生活も変わり、いいこともたくさんあるのに、失われたことのほうにフォーカスしがちな性格で、つい不満やら人をうらやんだりしては、反省します。

夏の終わりから不調で作業が遅れがちでしたが、先月あたりからやっと回復し、仕事もでき、ご飯もおいしい、どこか出かけたり、特別なことがなくても、ふつうに日常生活が送れるってありがたいと思うこの頃です。
ご飯がおいしいと、うつわ合わせも楽しくなります。
新しいものや新たな試みもあるので、anjicoさんでみていただけることを楽しみに、あと1か月間頑張ります。


朝ドラ まんぷくも今のささやかな楽しみ。
日曜日以外毎日あるのもうれしい。








[ 2018.08.05 : note]

[続きを読む]

and R個展をおえて

とても暑かったandRでの個展が終わりました。

お越し下さった方、お店やカフェで盛り立ててくださった方、本当にありがとうございました。いろいろな出会いがあり、お話できたことが楽しかったし、あたたかく背中を押していただいたように感じます。直接お会いできなかった方も本当にありがとうございました。またお会いできるように、私も頑張っていきたいと思います。

どうもありがとうございました。



今回の窯たきの話。

ちょうど1年前に引っ越して、仕事は9月から再開したので、夏の窯たきは初めてでした。
前は住居と工房は同じ敷地の別棟でしたが、今度は建物の都合上、ひとつ屋根の下なので、窯たきの熱いこと。
また猛暑の窯たきのせいもあるのか、サウナ室だって数分はいられるのに、窯場は30秒といられない。2階は地獄。
「もう夏の個展はやりたくない」と、 and Rのオーナーに何度ぼやいたか。

そんななかでの窯たきでしたが、とても収穫の多いものでした。
ちょっと専門的で、かなり長い話になりますので、もしお時間があれば。


窯をたくときには、デジタルの温度計と、数字ではなく、熱量で測る「ゼーゲル」というものと二つ使います。
ゼーゲルの原料はアルミナと珪石と粘土で、それをコーン状に固めたもので、その倒れ具合で、今窯の中はどのぐらいの状況かと判断します。だいたいのところまでは温度計を目安にして、後半のどこまで焚くか、どこで火を止めるかということはゼーゲルで判断します。温度計の数字はあくまで目安で、釉薬の溶け具合、流れ具合はゼーゲルの倒れ具合をみて、想像します。釉薬はストライクゾーンの広いものも、すごく狭いものもあり、それを踏まえて窯詰めして、ストライクゾーンの狭い釉薬もちょうどいい焼き上がりになるように、窯の覗き穴からゼーゲルをのぞいて見て、判断する。
そのぐらい絶対の信用をしているゼーゲルが、今回、ちゃんと反応しない(ような気がする)。そろそろ倒れていいころなのにあんまり倒れない。焼きが甘くてもダメだし、でも強すぎてもダメだし、このままゼーゲルを信じて焚き続けようか、でもやっぱり強い気がすると思い、覚悟して火を止めました。

翌々日、温度の下がってきた窯を恐々開けて見ると、ゼーゲルの倒れ方はやっぱり甘かった。「やってしまった」と思ったけど、窯出しをしていくと、むしろ強いぐらいでした。ゼーゲルに不良品ってあるのかな?と思い、窯屋さんに相談してみると、そういう話、聞いたことある、と。
窯屋さんが以前にいろいろ調べてみた結果、原料のアルミナ(アルミニウム)はそのままだと溶融度は660℃だけど、酸化して酸化アルミナになると2000℃以上に上がるそうで、工房に置いていたゼーゲルが年数がたち、酸化して溶融度が上がって、倒れにくくなったんじゃないか、という推論を話してくれました。
50本入りのゼーゲルは2-3年経っているので、道理は通っていると思い、まずは原料屋さんに新しいゼーゲルを注文しました。(箱じゃなく、バラで)
次の窯たきはすぐだったので、今までのゼーゲルを使用し、ゼーゲルを信用しすぎず、自分の経験と勘で焚き、窯出しは逃げたいぐらい怖かったけど、「失敗しても、全滅はない。万が一全滅しても、命をとられることはない。」と言い聞かせながら、窯を開け、まずまずの結果に安堵しました。そして、翌日個展の搬入。二日間在店して、最後の窯詰め、窯焚き。

今度は新しいゼーゲルが届いたので、新しいのと、今までのと2本入れ、のぞき穴からは新しいのが見えるようにセット。窯焚きは猛暑日だったせいもあるのか、今度は温度計の調子もよくない。いつもより温度も上がりづらい。のぞき穴から見える新しいゼーゲルもどこまで信用していいかわからない。自分を信じよう。

窯たきの結果はまずまず。2本並べて入れたゼーゲルは新しいのはよく倒れていて、今までのゼーゲルはまだぜんぜんで、明らかな違い。
窯屋さんの推論当たっているんじゃないか?
断定はできませんが、すごく大きな収穫。窯屋さんに報告したら喜んでくれた。
焼き物をはじめてから22年。指導所や師匠のところで新しいことを学んでいるときのような成長を感じられないので、おんなじところでずっと足踏みしているような気になっていたけど、自分を信じて無事窯たきできたこと、少しは何か積み上げているのかもしれないとちいさな自信になりました。苦しかったけど、とても貴重な経験でした。





and R 初日、オープン前の店内。

andrkotenn].jpg

[ 2018.07.15 : note]

[続きを読む]

おむすびおいしい

&Rの個展まであと5日。

個展前最後の窯を焚いています。(会期中にもうひと窯焚く予定です。)

昨年、窯を移築して、ここでの窯焚きにも慣れてきたと思っていた先日の窯たきで、思わぬことがおこり、結果大丈夫ではありましたが、やっぱり窯たきは何が起こるかわからない、冷静に最善の方法を判断できるように経験を重ねていかなければいけないと思いました。

窯屋さんにも相談して、今日の窯たきの作戦をたて、今挑んでいるところです。
いつも気は抜けないですが、今日の窯はとくに緊張しています。

どうかいい焼き上がりになりますように。
祈るような気持ちです。

omu1.jpeg


おむすび茶屋さつきさんのランチプレート

空色の七寸プレート皿に盛りつけていただきました。
今回の窯にも入っています。


ところで、最近インスタグラムを始めました!

私の腸内環境など、どうでもいい話もありますが、よかったらどうぞご覧ください。
個展の情報もインスタのほうが投稿しやすいので。
といっても、ちょっと文章書きたいときもあるので、ブログも今まで通り、細々続ける予定です。

猛暑が続きますので、休憩したり、水分補給したり、みなさん どうぞ体調管理してくださいね。





[ 2018.06.05 : note]

[続きを読む]

にわのわ 行ってきました

来月にandR(千葉 習志野)で個展があるので、今回は遊びに。

天気にも恵まれ、駅から歩いていると暑いぐらいでしたが、公園は緑豊かで木陰に入るととても爽やか。
緑不足だった身体に緑を補給。追ってビールも補給。
木陰の下で生ビール。
思い出しても、鳥のさえずりが聞こえてくるよう。


知り合いの作家さんとお話したり、初めて見る作家さんの作品を見たり、にわのわは千葉推しのクラフトフェアですが、他県の作家さんも多くなってきて、それも新鮮で、回を重ねるごとに充実していると感じました。
お客さんもちゃんと買い物しようときてくれている方が増えているようで、とてもありがたい。

私も今日はお客さんなので、ちょっと多めのお小遣いを持って行ったら、つい楽しくて持ってた紙幣全て使ってました。こうなっちゃうとブレーキがきかない。初めてのサンリオショップで興奮して散財した小1の時から、成長なしです。

niwanowa2.jpg

しかし、いいお買い物♡
丁寧につくられたものを使う→心も豊かになる→仕事がんばる
好循環。
来月の個展に向けて頑張ります。

今年もいいスタッフさん、いいボランティアさんで、とても気持ちのいい空間でした。
本当にお疲れ様でした。どうもありがとうございました。




[ 2018.05.09 : note]

[続きを読む]

ルーティーン

昨年夏に引っ越してから生活も環境も変わり、今の自分の生活にあった時間割を見直しています。

自宅での一人作業には慣れているようでも、雑用に浸食されたり、誘惑に負けたり、年とともに集中力の低下から効率が悪かったり、もう少し私やれるんじゃないかと思いながらも、うまく時間が使えていない。

ガラリと変えることは難しいから、具体的なことをルーティーンに組み込んで習慣にしていたら、いずれ歯を磨くように自然と身に付いているのではないかと思い、試している。
いくつかあげてみると、

1、7時起き からのラジオ体操

早起き苦手で何度も挫折しているけれど、懲りずに挑戦。
起きてまず外に出て、さわやかな朝の空気を感じ、ラジオ体操は第一第二通しで。
恥ずかしいので、家でyou tubeで。


2、朝ドラ見ながら朝食

おしん以来30年ぶりに見ている。
毎朝楽しみがあると起きやすいのではないか。
しばらく朝テレビをつける習慣がなかったので、うっかりそのまま見続けない。
「チコちゃんに叱られる」を断腸の思いで消す。


3、仕事時間を決める

在宅作業だと仕事と家事が曖昧になるので、始業、終業時間を決め、昼休憩は2時間とり、その時間に家事や雑用をしたり、読書や昼寝など自由にできる時間にする。
しかし、実際は仕事時間中でも雨で洗濯物を取り込んだり、郵便局とか、猫の病院とかも日々あるので、なかなかきっちり分けることも難しい。今まではその分仕事時間をのばしていたが、いつもそれではきついので、残業はほどほどに、仕事の集中力を上げたい。

仕事は取りかかりが一番エネルギーを要するので、着手のハードルを下げるため、休憩前などはあえて区切りの悪いところで切り上げて、休憩後にすんなり仕事に入りやすくする という方法を採用している。


習慣化できるのか実験中。


猫の「触ってもいいよ」の誘惑にも負けない。


en422.jpg